マネジメントスキルを養える

多くのエンジニアはプロジェクトの進行のために、何かしらの管理ツールを利用して作業を管理しています。これは個人レベルでの話ですが、プリジェクト単位で行う場合にはリーダーの作業になります。エンジニアの1つの目標に、このリーダーとなることが挙げらることがあります。一般的にリーダーとなるためには、管理者としてのスキルが必要だとの認識があります。
そのため、高い敷居を感じてしまう人も多いものですが、この管理ツールを活用することで管理者としての技能を備えることができます。つまり、目標とする管理業務に携わるためには、普段の作業でスキルを培うことが可能というわけです。個人としての作業に集中していると、効率よく業務を進めることが困難になるケースがあります。例えば開発途中で設計の変更が行われるような場合、それまで手掛けた作業を見直して修正をする必要に迫られます。けれども、作業の途中で細かく確認作業を行うことにより、早期に修正すべきポイントを洗い出すことができるようになるのです。
その結果、無駄な作業を回避できるわけです。これはいわゆる上流の仕事といえるものですが、目標とする管理職の業務もこのような作業を必要とします。クライアントへのヒアリングを行うスキルも、このような形で培うことが可能というわけです。普段は持ち前の作業に追われていても、このような工夫を行うことによって、目標とするマネジメントスキルを身に付けることができることになります。