作業以外も求められるリーダー

近年、IT技術職は細分化されてきていますが、その中でもエンジニアは特殊な存在といえるでしょう。大掛かりなプロジェクトがはじまりチームが組まれると、リーダーとして抜擢されることが多くなります。これによって外部から評価がされやすくなり、キャリアアップに役立ってくれる、というメリットが出てきます。
しかしながらデメリットも存在しており、成功だけではなく失敗の責任も取らされる可能性が出てきて、自分の作業以外にもしなければいけない作業が増えてしまいます。チームの皆をまとめてプロジェクトの進行を行わなければならず、1人だけの責任ではありませんが、リーダーとしての役割を果たすために必要となってくるのです。少しでも作業を楽に行うためには管理ツールなどを活用するのがよく、そういった管理ツールの知識が必要になってくるでしょう。そのようなところで自分の作業以外に時間を取られてしまうことが多くなりますが、担当する業務ももちろん行わなければいけません。
また、人間関係のトラブルに巻き込まれやすいといった問題もあり、コミュニケーション能力が不足している場合はこれもデメリットになってしまうでしょう。リーダーを辞退することもできますが、そうすると評価が落ちるので出世を考えている場合は妨げになってしまいます。それゆえ、もし管理職を目指すならリーダーを引き受けた方がよく、しっかりと対処すれば何とかなるものです。管理ツールなどを利用して、取り組むことが大切になってきます。